ブログ

カテゴリ1
カテゴリ2
カテゴリ3

CHANEL<シャネル>のブーツのお買取りも鑑定のたくみ堂にお任せ下さい。

2021/09/14

こんばんは!

ブランド品・時計・ジュエリー・宝石・骨董品・美術品など、

中古品の事ならお任せの、鑑定のたくみ堂です!

雨のせいもあってか、今朝は涼しくひんやりとした朝でしたね。。。

皆様体調には気を付けてお過ごし下さいませ‼

 

そんな涼しくなってきた季節にピッタリの商品のご紹介です!

 

 

CHANEL<シャネル> レディースブーツ size 39(24~24.5㎝)

 

1990年代にシャネラーという言葉が流行ったのを覚えている人も多いと思います。

シャネラーというのは全身をシャネルで固めたファッションで、大学生などに多かった印象です。

シャネラーの発祥は女性用雑誌「JJ」でシャネル好きの大学生を紹介したところ、

全国にブランド尽くしのシャネラーが広まりました。

これ自体はシャネルの認知度が高まるという意味で悪いことではないのですが、

ラグジュアリーブランドのイメージとしてあまりふさわしくないと考えられる

コギャルのような人たちまでシャネルが広まってしまったことが問題となったのです。

この時にシャネルがとった行動ははっきりいって失敗でした。

メディア規制を行い、広告や露出方法などを厳しく制限した結果として女性誌はシャネルを取り扱うことをやめ、

協力を得られないJJなどはシャネルの意図とは違う間違ったイメージを作ってしまったのです。

こうしたある意味ブームが引き起きした顛末というのは、

既存の優良顧客離れや新規顧客がつかないという問題を引き起こし売上が大幅に落ち込んでしまったのです。

メディア規制によって誤ったイメージが世間に浸透してしまったことに反省し、

メディアへの協力姿勢など方向転換をしたことでなんとか持ち直し、

現在の幅広い層に受け入れられるシャネルになったのです。

シャネルのブランドロゴといえばCCマークです。

「C」を2つ並べたロゴはココ・シャネルのイニシャルからとったと言われており、

2つ目の「C」を逆向きにして中央を重ねたブランドロゴはシャネルのあらゆる商品に使われ、

見ただけで誰もがシャネルとわかるほどインパクトがあるアイコンとなっています。

 

ロゴとして使われているだけでなく、

洋服の模様やアクセサリーのモチーフとしても使われているので適用範囲はとても広いんです。

余談ですが…デザイナーの自分のイニシャルをロゴとして使ったのは

ココ・シャネルが初めての試みだったようで、

これ以降ブランドロゴにデザイナーのイニシャルを入れるのが当然のように広まり、

我々消費者も分かりやすいブランドロゴに憧れるという図式はココ・シャネルが仕掛けたものだったのです。

 

今回ご紹介致しましたスエード/レザーのブーツにもCCマークがあしらわれております。

どんな洋服にも合わせやすいネイビーカラーです。

 

❝オシャレは足元から!”

 

皆様も靴箱やクローゼットに眠っているブーツや靴などございましたら、

当店へお持ちくださいませ。

その他、ブランド品・時計・ジュエリー・宝石・骨董品・美術品など中古品の事なら鑑定のたくみ堂にご相談下さい。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。