ブログ

カテゴリ1
カテゴリ2
カテゴリ3

❝CHANEL マトラッセ25❞ お買取り商品ご紹介!

2021/07/20

こんにちは!

ブランド品・時計・ジュエリー・宝石・骨董品・美術品など、

中古品の事ならお任せの、鑑定のたくみ堂です!

梅雨明けし、一気に夏本番…暑すぎですね。。。

この暑さに負けない位にアツい商品をご紹介致します。

今日ご紹介させて頂きます商品は、福山市内のお客様からお買取りさせて頂きました!

 

 

CHANEL(シャネル) マトラッセ25 チェーンショルダーバッグ

 

シャネルの定番中の定番といえば、やはりこのマトラッセになるでしょう。

マトラッセとはフランス語でパッド入りという意味になり、
いわゆるキルティングの織物を意味します。
なのでダイヤ形にキルティング加工されたデザインをマトラッセと呼びます。

1929年というかなり昔にキルティングのポーチとして誕生したもので、
それが今も第一線級のシャネルの看板として残っているというとても貴重なものです。
そのアイデアの元は競馬場にいる馬の世話をする厩務員のチェックのジャケットから
インスピレーションを得たものでした。

 

そして、マトラッセは本来的にはデザインよりもむしろ革の型くずれを防ぐために作られたという方が正しくて、
単に見た目が美しいだけでなく、機能性、実用性を重要視したココ・シャネルの魂が感じられるラインなのです。

そういう意味で考えても、見た目の美しさと機能性が高い次元で融合しているマトラッセが
シャネルのアイコンとしての地位を確立しているのはごくごく自然なことだと思います!!


1929年に最初のマトラッセラインのポーチが発表されてから、
本格的に生産がスタートするのは1955年になってからです。

この年に「2.55」が発表されシャネルと聞いて真っ先思い浮かべる
チェーンベルトのマトラッセ加工が施されたショルダーバックが生まれたのです。
ですので、マトラッセと聞くとこのチェーンショルダーバッグを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

こうしたデザインは現在ではシャネル以外でもさまざまなブランドから発表されていますが、
どこが出したところで「シャネル風のバッグ」になってしまうほど

「シャネル=キルティングのチェーンベルトバッグ」

という方程式が成り立っています。
ブランドロゴでもなく、ブランド名でもなく、素材とデザインそのものがアイコンとなる稀有な事例です。

マトラッセはシャネルを象徴するラインなので、
シャネル好きの方ならおそらくはひとつは持っているラインでしょうし、
逆に持っていないはずがないというくらいのド定番アイテムなのです。

 

もちろんお買取りも喜んでさせていただきますが、
今当社で増えつつある❝質預かり❞も大歓迎です!

当専門鑑定士によってしっかりと鑑定・査定させて頂きます!
ご相談のみでも大丈夫ですょ!
まずは、御来店・お問い合わせだけでもしてみてください。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。